男性看護師 転職したい!

ナースは男でもツラいだろ

カテゴリー: 看護師は男性でもしんどい

整形外科ナースは転職したくなる法則

整形外科ナースは転職したくなる法則

看護短期大学を卒業し、私が新入社員として就職したのは大手企業が経営する400床ほどの病院でした。この病院は付属の看護学校が併設しており、私の年から外部からの入職を受け入れていました。つまり私は外部入職の第一期生です。

配属先は大腿骨などの骨折、脊椎の手術を主に行っている整形外科病棟でした。看護形態は業務別看護、3交代制。

さすがは大手の企業病院だけあって、教育体制はとても手厚く、福利厚生もよかったです。入職後にはプリセプターが基本的なことを一から教えてくれ、これから看護師として成長していける、そう思っていました。確かに初期教育は十分にあったと思います。でも、優しかった先輩たちが徐々に本音を出しただしたのは、私が独り立ちをして、一人のメンバーとして夜勤をするようになってからです。

先輩たちの口癖は、何でそんなことも知らないの?根拠は?だから大卒は使えない。同じ学校で看護の基礎から学び、この病院で実習をしてきた先輩たちにとっては、この病院のやり方、伝統的やり方が常識であり、違う看護論を主に学び、いくつもの病院で実習をしてきた私達が外部者が間違っているように感じたのです。中には、教科書で、昔は主に使用されていました。

と書かれているものがあったり、辞書やインターネットで調べても出てこないような言葉もありました。なぜこれを使うんですか?なんでこう呼ぶのですか?そう質問すると、そう決まっているから。私には何でも根拠を求めるのに、先輩たちは根拠のないルールの中で仕事をしている。納得いきませんでした。そして一番しんどかった夜勤では、3年目まではコール対応とトイレ介助、食事介助といった日常生活援助のみでした。整形外科の予定手術は基本的に他に大きな疾患がない方です。

それでも高齢者の手術後はADLが急激に低下し、生活のすべてに介助が必要となります。術後譫妄を起こす方も少なくありません。他科に比べると、比べ物にならないくらいナースコールや、センサーコールが多いのです。

35床のうち50%は一人でトイレに行けませんが、リハビリのため、トイレ排泄を促します。そこで大変なのが、若い看護師のコール対応です。先輩ナースは決してコールをとりません。なぜなら、コール対応は下っ端がする仕事、と決まっているからです。

夕方、食事前後から就寝前、早朝は、ナースコールと連動しているPHSは鳴りっぱなしです。しかもまた「決まり事」で、ナースコール越しに要件を聞いてはいけなかったのです。コールが3件、4件たまり、汗だくになって廊下を走りまわり、患者さんに、遅くなってすいません。

と謝り続けるころ、先輩たちはコンパの話で談笑しています。対応が遅くなってトイレに間に合わなかったり、センサーマットに反応にいち早く駆け付けることができず、患者さんが転倒してしまう、そんなこともありました。珍しい病態の患者さんが来たとき、私も勉強のために見たい、といったら、新人のくせに生意気だ、と言われました。この病院は完全に年功序列、体育会系、伝統にとらわれる病院でした。私は看護をしているのか?介護をしているのか?そんな思いをもってただ毎日息を切らしてナースコール対応をする日々。

でもきっと先輩たちはもっと重要な業務をしているんだろう、そう思って3年は頑張りました。そしてようやく他の仕事をさせてもらえるようになったとき、愕然としました。リーダー業務の少なさ。そして看護計画の単純さ。他の病院に転職し、はじめて看護の楽しさ、学ぶことの嬉しさ、チームワーク、看護は医師や他メンバーと協力してやるものだと学びました。

企業病院で過ごした3年は、古い時代の体育会系の部活のようでした。患者さんの安全第一であるはずの看護が、部活の1年生いじめをたのしんで見ているようだった現場。やめて正解だったと思います。

ICUで死ぬ

ICUで死ぬ

16時~翌日9時までの夜勤で、勤務開始早々に患者さんが急変し急変対応や家族対応に追われながら他の患者さんの状態観察を行っていました。

急変対応がひと段落したと思えば新規の入院の依頼が外来からありました。しかしベッドの空きがなかったためすぐに多病棟と転棟の調整をして患者さんの転棟業務、そして入院患者さんの受け入れが立て続けにありました。さらに入院患者さんの状態悪化があり気管内挿管・CV挿入の介助など入院業務に加えたイレギュラーな処置が次々に飛び込んでき、息つく間もないほどに業務に追われていました。これ以外にも他の患者様の状態観察は2時間ごとにありその都度体位変換や人工呼吸器のチェック、心電図モニタリングのチェックもあります。

そして気づいたときには深夜の2時過ぎ、その間水分補給は合間をみてしていましたが夜食も食べずに働き続けていました。朝になってもルーチン業務も待っていることもあり、定時に記録を含めたすべての業務が終わることはなく、約3~4時間残業を行っていました。

トータルの勤務時間は約23時間、仮眠をとることもゆっくりと食事をすることもできずに働き続け、体力も限界を超えてやっとのこで退勤と残業処理をした後、近い将来絶対に看護師を辞めてやると何度も思いましたし一緒に夜勤をしていた後輩とうわごとのように愚痴をこぼしあいました

患者さんに直接かかわる業務であれば、患者さんのためならと割り切れるところも多くありますが、処置後へとへとになりながら処置の内容や状態変化の記録などを電子カルテに入力していると本当にしんどくなり気持ちも滅入っていきます。まして夜中は日勤のみの普通の仕事をしている人ならほぼ確実に寝ている時間になぜ自分たちは心身を削りながら働いているんだろうと考えてしまい、辛く感じることが何度もありました。集中治療室であれば当然の忙しさのようにも思われますが実際にやっている私たち看護師は疲弊しながら働いています。そんな中で当直の医者からしょうがないんだから頑張って働いてと言われたりすると本当に嫌な気持ちになるし看護師なんか辞めたいという気持ちが強くなっていきます。

また、悪い言い方をすれば自分の都合ばかり優先し横柄な態度をとる医者からの指示受けや報告もつらかったです。患者さんに少しでも早く良くなってほしいと思って仕事をしているのに、報告・状態についての相談をすると、看護師が勝手に言ってるだけ、本当にそれがいま必要だと思ってるのかなど上から威圧的に話をシャットアウトされることは日常茶飯でした。報告する看護師によって態度があからさまに変わるところを見てると理不尽と感じて辛くなることも多々ありました。

OPE室も大変ですよ

OPE室も大変ですよ

OPE室で勤務していた時の事です。
子宮外妊娠で緊急搬送されてきた患者さんでした。当院での受診経験はありません。

そのまま全身麻酔を行い、子宮外妊娠の為、着床した受精卵の除去が行われました。

そのまま放置していると子宮では無い所で胎児が育ち、破裂を起こすリスクがあるからです。

当然ですが、子宮外での妊娠では妊娠を継続する事は出来ません。機能的に32週も育てる事が出来ないのです。

妊娠の場所を産婦人科の先生は確認しました。そこをしっかり見ていくと卵管采が開いていなかったのです。

使い物にならないと判断した医者は左側の卵管采を切除しました。
その後、念の為、右側も見に行きました。左の卵管采を切除すると左側の排卵が無くなります。

毎月女性は左右交互に排卵しているので、左が無くても最悪右側が残っているので右の排卵の卵で受精する事が出来ます。

しかし、この方の場合は当てにしていた右側の卵管采の方が閉じてしまっていて、使い物にならなったのです。

程度としては左よりも閉じている状態でした。
実は右側の場合はどうにか開かせようとすれば開く程度の閉じ方だったのです。
それを右側の状態を確認しないままさっさと切除してしまったのです。
もう切った物はどうにもなりません。担当だった上司の医者は部下の医者に

「(切除してしまった事は)上手に言っておいて。」と言うのです。

表現的にもこちらの確認ミスですが、切除しなくてはいけない状況だったと言わせる目的の言葉です。

部下の医者は歯切れの悪い返事をしました。私もその言葉を聞いて、一瞬作業が止まってしまいました。
この病院に勤務して1年程度ですが、こんな事が往々にして行われているのか!?と思った瞬間です。

手術自体は無事に終りました。一つ大きく変わった事は一つの命が絶えた事と一人の女性が自然に妊娠できなくなってしまった事です。

後に彼女のカルテを先輩と確認しました。結婚して数年間、子宝に恵まれず、不妊治療も受けていない状態での自然妊娠でした。

検査薬で陽性だったので喜んで近所の産婦人科のクリニックに受診したそうです。
喜びもつかの間、エコーにて子宮外妊娠が発覚しました。痛みの何もないまま緊急搬送となり、病院に着くや否や手術となったと言う経緯です。

OPE室ではほぼ全身麻酔下で手術を行います。寝ている研修医の先生もいますし、手術に関係の無い話しをするスタッフも多々います。

医者や看護師にとっては年に何回もある手術ですが、患者さんにとっては初めての方が圧倒的に多いです。

そんな状況を忘れてしまっているのではないかと思います。結局先生がその方にどの様に説明したかは知りません。

今回自然に妊娠出来たのに、今後は自然妊娠は不可能だと言われてどれ位納得できるでしょうか。

医療者として働いていると、知らなくてもいい医療業界の裏側を見てしまうので嫌になった事は多々あります。

帰ろうとした時の急変!

帰ろうとした時の急変!

私は消化器内科に3年間、血液内科に2年間勤務していました。

看護師は患者さんが良くなって退院できたときや、たくさんの方々と関われること、自分の経験や頑張り次第ではスキルアップできるなどやりがいを感じることが多いので看護師になって良かったとは思っています。しかし、その分ツライと思うことも多くあります。まず患者さんの命を預かる仕事です。

看護師は医師がいるから指示通りに処置をすればいいというわけではありません。万が一医師が正しくない指示を出してしまった場合には看護師が気づかなければ医療ミスになってしまいます。また、患者さんをいつも近くでみているのは医師よりも看護師です。

そのため、毎日患者さんの状態をみてアセスメントし、医師に報告しなければなりません。そういった理由から、自分自信が多くの知識を持っていなければならないので、日々勉強しなければならないのです。仕事で忙しくても帰ってから勉強をすることはツライと思いました。他には、残業が多いということです。

病院ですので、手術や大掛かりな治療、検査が多い日には、時間がかかるので看護師もそれに合わせて残業になります。

また、患者さんが急変した時にもそうです。その日の仕事が終わり、そろそろ帰ろうとしていたところに心電図モニターのアラームが鳴り・・・という日も少なくありませんでした。

病気の種類も患者さん様々なので、どうしても治らずに亡くなってしまう方もいます。そういった患者さんや家族の姿をみることは何年看護師をやっていても馴れず、悲しい気持ちになりツライと感じました。

また、病棟の勤務だったため、1ヶ月に4?5回夜勤をやっていたのですが、夜勤中はひとり3時間の仮眠時間が設けられていても、実際に3時間も時間をとれる日は少なく、病棟をかけずりまわっているように忙しく、朝方にはクタクタでした。

それでも患者さんたちは私たち看護師を頼ってくれているのでそれに応えるため、どんなに眠く疲れていても笑顔でいるのは大変でした。夜勤が終わって帰るときには頭がボサボサ、お肌はボロボロ、化粧も崩れていました。

また、ツラかったことで、患者さんも人間ですし、ましては病気を患っての苛立ちや不安もあるとは思うのですが、イライラを看護師にぶつけられたりすることもありました。患者さんの気持ちもわかるのですが、私も人間なのできつい口調で当たられたときには嫌な気持ちになることもありました。以上、私の看護師をしていたときのツライと思ったことです。

Copyright © 男性看護師 転職したい! All Rights Reserved.